1. HOME
  2. 事業案内
  3. 消毒液製造販売事業
  4. 強酸性次亜塩素酸水

消毒液製造販売事業

Hygiene

消毒液製造販売事業

強酸性次亜塩素酸水

医療用として開発

大和システムズの次亜塩素酸水は、医療用として開発されました。
病院では
1.内視鏡(胃カメラや大腸カメラ)使用後の消毒。
2.医師や看護師、スタッフの手指の洗浄。
3.院内感染防止のための加湿器による噴霧。
4.術後の体内、体外の消毒。
に使用されております。

家庭用としても

1.家庭内のあらゆる消毒に使えます。
2.トイレ、台所等の消臭、消毒に使えます。
3.インフルエンザの予防にも使えます。
4.アトピーの方のかゆみ止めにも使えます。
5.のどのうがいは10倍に薄めて利用ください。

強酸性次亜塩素酸水とは

大和システムズの次亜塩素酸水は強酸性です。
食塩水を電気分解してPH2.5~2.7の強酸性で有効塩素濃度は
20~60PPMとなっております。(官報 第3378号厚生労働省令第75号・告示第212号2002年6月10日)厚生労働省では食品添加物殺菌料(りょう)として認可しております。

医師が監修した「次亜塩素酸水の特徴と使い方、注意点」です。
https://medicommi.jp/100137

次亜塩素酸水による安全空間
次亜塩素酸水の加湿器での噴霧の効果

1.空気感染、人から人への感染を激減させる。
2.机や椅子、ドアの取っ手、部屋にある備品に付着したウィルスを早期に死滅させる。
3.外からのウィルスの侵入を激減させる。
4.外部からお出でのお客様だけではなく、中で働くスタッフの安全も守る。
5.室内の空間の除菌、殺菌そして備品についたウィルスを自動的に除菌、殺菌してくれる。

総合病院

福祉施設(個室)

福祉施設(共用スペース)